サムライジーンズ色落ち-120回穿いてみて-

サムライジーンズを今年の3月に購入して120日くらい経過しました。購入したモデルは「S710XX19oz」影武者モデルという、ヒップポケットのステッチが黒系なので、購入したときは隠れたようにジーンズと同色で見えにくいというものです。生地は厚く強く打ち込まれているためかっちりとしたデニムなのが特徴です。120回穿いた今でもしっかりとした状態で、撮影したときに気が付いたのですが、ジーンズを平置きしたときにペタっとはならずに、立体的になっているところに驚きました。19オンスという厚手の生地にしっかりとした生地ならではのものだと思いました。少しずつですが色落ちもしてきて、アタリも出てきました。まだ途中経過ですが画像をいろいろあげましたのでご覧ください。

膝もよくつくので、膝も色が落ちています。
膝裏は特にアタリが強く出ています。
ヒップポケットにカギを入れていますので、カギの形状が少し浮かび上がりステッチが少し見えてきています。
新品と120回穿いたものの比較
並べて比べてみますと色落ちをしたのが分かりますが、これからもどんどん穿いていって色落ちを楽しみたいと思います。
平置きしても筒のような形状をキープしています。
膝から裾にかけてジーンズを穿いているかのように立体的になっています。中にはなにも入れてません。

ジーンズの魅力は人ぞれぞれだと思いますが、その中で色落ちを楽しめるというところもあると思います。私の場合は、お客様が来店しているときは立っているのですが、他はパソコンに向かっているかモノづくりをしているので座っている時間も長いです。色落ちは穿く人の生活スタイルによって違ってくるので同じ色落ちをすることはないと思います。購入したばっかりのスタートは同じ状態であっても違うくなっていくところがジーンズの魅力だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする