DENIME(ドゥニーム)一覧

DENIME(ドゥニーム)は、1990年代の日本のファッションシーンを席巻したDENIME(ドゥニーム)が、ウエアハウスの技術によってアップデートされ、純国産デニム生誕50周年となる2023年、再始動することになりました。
“DENIMEを再現する”とういうことから始まった。
まだヴィンテージジーンズという言葉が耳慣れなかった1980年代、アメリカは技術革新による大量生産が加速し、自国でのモノづくりから海外生産へと移行した時代だった。その大量生産の流れはデニムにも波及。アメリカ国内での生産は継続されたが、1983年には広い幅のデニム織機の稼働が始まり、その早さから「革新織機」と呼ばれるほどだった。その結果ジーンズの脇にあった「セルビッジ」は消滅したのである。
一方、ヨーロッパの自由な発想のジーンズが隆盛した反動もあり、日本では旧きよきアメリカのオーセンティックなジーンズが見直されようとしていた。そうしなたか、1988年に誕生したのが「DENIME」である。

DENIME(ドゥニーム)Lot.221[BIG E MODEL]が入荷しました!

DENIME(ドゥニーム)Lot.221[BIG E MODEL]が入荷しました! DENIMEのシルエットイメージのひとつである「テーパード」。裾にかけて綺麗に細くなるシルエットは、1960年代、ジーンズがカジュアルウェアとして脚光を浴びた時代に生まれたもの。そんなベーシックで普遍的なシルエットがこのBIGEモデルです。